前へ
次へ

労働相談で解決できることには

労働相談で解決できることは賃金交渉のみです。
労働環境の改善を求めるのであれば、賃金が下がると判断してもよいでしょう。
地方で勤務する場合はアルバイト業務の方が賃金が高くなるケースが多く、正規労働者との差はローンが組めるか組めないかのみとなっています。
お金を借りたいのであれば正規労働者として勤務した方がよいでしょう。
労働相談によってアルバイト社員から契約社員に転換されるケースもあります。
賃金はそのままでも構わず、ローンを組みたい、という場合は契約社員、正社員になる必要性があります。
契約社員ではローンが組めない、というケースも多発していますので、そういった場合は正社員になれる会社を探すか、相談ベースで話を進めていくかの二択になります。
相続税の支払い、冠婚葬祭でローンを組まなければならなくなった、というケースでは正社員勤務が望ましいとされています。
お金の問題で解決できることはお金で済ませた方が無難であるという考え方です。

Page Top