前へ
次へ

労働条件が悪化すると労働相談しにくくなる

労災などで人手が足りなくなると、労働相談も意味をなさなくなります。
労災と儲けは一連の関係性があります。
サービス業界では似せたものを作りやすく、サービス業界で成功した人を真似て二次作品を作成する、ということが起こりやすいようです。
労働相談しにくくなり、給料アップや就業場所の改善ができなくなります。
仕事は地域がよくならなければ仕事とは言えませんので、地域のなかで破産が続き、町が廃村になってしまった、という場合は東京都内で債権ビジネスが行われるようです。
工場地帯などで破産が相次いで発生しているようです。
賃上げのために交渉した結果、会社が破産してしまった、というケースは多く、安易に相談できないのが現状です。
ビジネスを展開していく以上、地域に貢献しているかどうかを判断され、地域貢献率が低いと債権ビジネスに利用されます。
同様に、納税率が悪いと貧困ビジネスに利用されやすくなります。
引っ越しを余儀なくされてしまいます。

Page Top