前へ
次へ

労働相談で解決できること

労働相談では賃金交渉、雇用形態の相談を行うことができます。
会社によってはテストがあり、テストに合格すれば雇用形態が変わる、というシステムを取り入れているところがほとんどです。
ローンを組みたい場合、更新期間が無期限の正社員労働を行う必要があります。
お金のほとんどは税金の支払いのために使うことになるため、自分でお金を使いたいのであればローンを組むしかないでしょう。
融資を受けてビジネスを展開する場合も免税対象になります。
増税が行われているため、自由に使えるお金は減少傾向にあります。
その割に、外国人労働者が増加しているという悪循環です。
アルバイト業務などの安くて誰にでもできる仕事は外国人労働者に任せて日本人は経営に回る、というようなスタンスで仕事を回すことが多く、外国人労働者に向けての労働相談も必要になっています。
外国人労働者の場合、賃上げも実質少額になるため、比較的雇いやすい傾向にあるようです。

Page Top